手がかかる次女のトイレトレーニング  -  私とこどもたちの成長日記

手がかかる次女のトイレトレーニング

2〜3歳頃の難関のひとつが、
おむつはずれ・トイレトレーニングである。

これを書いている今現在、3歳4ヶ月の次女が
絶賛トイレトレーニング中なのだが、意外にも1番手こずっていて
正直ここまでかかるとは思っていなかった。

次女は性格的に1番物事を飲み込むのが早く、
お姉ちゃん・お兄ちゃんの用を足す姿も見ている。

上2人は‘ごほうびにシール作戦’で3歳目前のあたりに
スンナリはずれたので、同じ作戦でいけるだろう!と簡単に考えていたのだが…甘かった。




上2人は先に大のほうをトイレですることを覚え、
小のほうは保育園での指導・家でのシール作戦でうまくいった感じだ。

が、次女は大をトイレでするのを拒否…
もよおすと必ず部屋の隅っこに行き、オムツに出す…という状態だった。

小のほうも外出時とお風呂に入る前だけは自分でトイレにするのだが、
それ以外は全く申告してくれず垂れ流し状態…

トイレトレーニング用の音の出るおもちゃやシールも
最初は食いつくものの、数日で飽きてしまう…
そんな感じでズルズルと3歳の誕生日が過ぎ、夏が過ぎ。




大のほうは、ある日なんか怪しいな…というタイミングで
半ば強制的に座らせたところ大成功!

大げさに褒めちぎる!
それを何日か連続で繰り返すうちに申告するように。

1つ階段はのぼったものの、小のほうはやはりイマイチすすまない…
私自身、少し焦りがでてきてしまった。

「オムツは‘はずす’ものではなく‘はずれる’もの」

その子それぞれのタイミングがある。

4歳代ではずれる子もいるし、あまり必死にやっても子供を追い詰めてしまう…
焦るのはよくない、と思っていてもやっぱり焦る。

次の一手はどうしようか…それがダメだったら次は…と、
先のこと先のことを考えるいけないクセがでてきてしまった。(続く)